なぜ足の小指の爪は突如として消えるのか。小指の爪を生き返らせる方法

健康

友達だと思っていた子に足の親指の爪をはがされたことがあることでお馴染みのとうふです。

一生許しません。(´◉◞౪◟◉)

 

みなさん楽しい夏をお過ごしでしょうか。

夏と言えば、はだk…じゃなくて

夏と言えばサンダル。サンダルと言えば裸足。裸足と言えば小指の爪!!

 

そう、夏は足の小指の爪問題が発生してくるのです!!

足の小指の爪って、気が付いたら消えてませんか?

私はいよいよ消滅を目前に非常に焦っております。

 

今日は、夏のネイルのためにも、足の爪の生存戦略を立てていきたいと思います。

おつきあいくださいまし( ^)o(^ )

とうふ
とうふ

回るピングドラムってアニメ知ってる?何回見ても話が理解できなかったわ…

 

この記事では、

・小指の爪が突如消える原因

・小指の爪がなくなるデメリット

・小指の爪を守る方法

について書いていきます。

 

足の小指がなくなる理由とデメリット

そもそも足小指の爪はなぜなくなるのか。なくなった先に何が待ち受けているのか。

ということをまずは紹介していきます。

爪だって生き残りたいはずなのです。

とうふ
とうふ

知らんけど(雑)

 

爪切り

普段私たちが何気なくやっている爪切り。

この爪切りは、実はかなり爪に負担をかけてしまっています

爪を切るごとに、実は爪に目に見えないほどのヒビが入ってしまっているのです…。

何度も何度も爪を切るうちに爪に負荷がかかり、そのダメージが蓄積されていき、足の小指が小さくなる原因になってしまいます

 

締め付けが強い

ヒールのある靴や革靴は、先が尖がっていて足先が圧迫されてしまいますよね。

私もヒールを履くときは足がぎゅうぎゅうで苦しいです。

痛くなるんだったら、痛くならないようないい靴を履けばいいじゃんという意見は受け付けてません。

とうふ
とうふ

うちの家計は火の車なんじゃ!!!

 

足が圧迫されると、爪を圧迫してしまい爪が小さくなってしまう傾向があります

そりゃ圧迫されてたら成長できませんよね。纏足と同じ。

とうふ
とうふ

全然違うわごめんて

 

血行不良による栄養不足

先ほども言ったように、自分に合わないキツい靴を履くと脚が圧迫されてしまい、足回りの血行が悪きなります

血液には爪の栄養になる酸素や栄養素が含まれており、これらが不足すると爪の成長を妨げてしまいます

また、冷え性の方も爪に栄養が行き渡らなくなりがちです

だからあれ使った方がいいです、あれ名前が分からない、あれ。

とうふ
とうふ

やヴぁい、名前出てこない…


これええええ。

気持ちいいですし、血行も良くなりますよ。

100均にもあるのでぜひ(‘ω’)ノ

とうふ
とうふ

アフィリエイトする気0

 

足の小指の爪がなくなるデメリット

足の爪がなくなって来つつも、あまり気にしていないそこのあなた!

実はあるのです。小指の爪がなくなるデメリット。

放っておくと、取り返しのつかないことになりますよ…

 

ペディキュアが貧相なことこの上ない

せっかく可愛く塗ったペディキュアも、小指の爪がないと残念なことになりかねないですよね

私はネイルしないのでわかりませんが、小指のお肉にそれっぽくペディキュアを塗ったりするんですかね。切ない…

とうふ
とうふ

ネイルにかけるお金で唐揚げ食べたい。

 

踏ん張ることができなくなる

私たちは普段、足の指を曲げることで、地面を足でつかんで踏ん張っています。

この踏ん張る力には爪は欠かせない存在。

小指の爪が消え去ると、踏ん張る力が弱まり、転びそうになった時に踏ん張ることができなくなります

 

 

 

という事で、足の爪の消失は見た目だけではなく、健康面にもちょっとだけ影響があるのです。

とうふ
とうふ

全然取り返しのつかないことにならなかった件について

 

それはさておき、この貴重な足の小指の爪を保護し、復活させる方法は果たしてあるのか…

悩める女子のためにご紹介していきます。

 

足の小指の爪を守って生やす方法

足の爪も、髪の毛も、やっぱり減っていくのは悲しいです。

そんな悲しい思いをしないように早めに対策をしましょう。

とうふ
とうふ

髪の毛は20代のうちから対策しとこうね!!!(記事に関係ない)

 

正しいサイズの靴を選ぶ

つま先がきついと爪が消滅したり、内出血したりするので危険。

自分の足のサイズに合った靴を選びましょう

POINT・かかとの部分に指一本分(1㎝くらい)入るか確認。

・靴を履いたとき、つま先に隙間がないものは、足に負担をかけます。

つま先も1㎝くらい余裕を持たせ。足の指が動かせるくらいの靴を選びましょう。
・履いた瞬間にアーチ部分が土踏まずに当たる靴を選びましょう。

アーチが当たらない場合は、インソールなどで調整しましょう。

インソールは100均でも売ってるので、安く買えますよ( ^)o(^ )

おすすめ( ^)o(^ )

 

血行を促進する

足が冷えると栄養が行き渡らなくなることは先ほども言いましたよね。

では、マッサージで足の血行を促進して栄養をジャンジャンもらっていきましょう!

こうした方がいい!という方法はありません。

足の裏、つま先部分を暇な時にももみもみ。お風呂上りにももみもみ

これだけで爪に栄養が行き届いて復活します。

とうふ
とうふ

おっぱいにも栄養行き届いてほしいなぁ

 

外的刺激から守るためにコーティングする

爪を外的刺激から守り、摩擦や摩耗から爪を保護することもとっても大事。

そこでコーティング剤が役立ちます!


こんな感じで塗るだけで爪を守ってくれて、リムーバー不要の商品もあります。

ネイルは抵抗がある、死んでもやらんっていう人も、これなら使えそうですよね。

 

小指だけ爪を切らない

爪切りは本当に爪に負担をかけます。

なので、足の指の爪だけ爪切りをしないようにするといいです

そもそも長さもそんなに伸びない部位なので、爪にやさしいファイルで処理してしまうのがオススメ。


爪切りについてるやつでもいいと思います。

とうふ
とうふ

販促やる気0(笑)

 

消えた小指の爪は取り戻せる

小指の爪がラナウェイしてしまって落ち込んでいるそこのあなた!!

とうふ
とうふ

ぜったいおらん( ^ω^)・・・

 

なくなった小指の爪は正しいケアをすれば戻ってきます。安心してください!

 

居なくなって気がつく、足の爪の大切さ…

なんてことにならないように、日ごろからケアしたいものですね。

とりあえず私は今日から足をもみもみします(‘ω’)ノ

 

足の爪をしっかり生やして素敵な夏をお過ごしください。

 

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

では、また(@^^)/~~~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました