運動すると脚がかゆくなる!?そのかゆみ、コリン性蕁麻疹かも!治し方はあるの?

健康

皆さんは走ることは好きですか?

ダイエットや健康維持には欠かせないランニング。

走るとストレス解消になるし、たくさん汗をかくのは気持ちいですよね。

 

ですが私…ランニングが大の苦手なんです…!

なぜなら、走ると体がかゆくなるのです…。

とうふ
とうふ

とにかくかゆい…!!気が狂いそうなくらい体がかゆい…!!!

学生時代のマラソンは本当に地獄でした。

走るだけでなく、家から近所のコンビニに行くだけでも体に強いかゆみが…。

私のように、運動すると脚やお腹周りがかゆくなる方、いらっしゃると思います。

 

実はこのかゆみの正体、蕁麻疹の症状なんです。

運動すると出る蕁麻疹!?

運動によって引き起こされるかゆみの原因の蕁麻疹は3種類あります。

コリン性蕁麻疹

コリン性蕁麻疹とは

とうふ
とうふ

コ、コリン星…?

と思いました。私は。(笑)

コリン性蕁麻疹とは、汗をかいたときに出る蕁麻疹のことです。

 

人間は体が温まると、

汗をかこうとして汗腺にある神経からアセチルコリンという物質が放出されます。

このアセチルコリンが皮膚の血管周辺にある細胞を刺激して、

ヒスタミンなどのかゆみを促す物質を放出させます

また、自分の汗に含まれる成分によってアレルギーを起こすこともあるようです。

 

人によりますが、蕁麻疹としてぶつぶつが出る人と、

赤くなってなんとなく腫れる人がいます。

かゆみは運動や発汗をストップしてから10分程度で収まります。

コリン性蕁麻疹の治療法

治療法としてはまず、病院での投薬治療があります。

抗コリン薬や抗ヒスタミン剤の投薬を行い、効くものを持続して投薬し続けます。

 

とうふ
とうふ

薬を飲み続けるのはなんだかいやだなぁ。

なんて思う人は、荒療治もあります…!

方法は簡単。

かゆくなっても運動を続け、汗をかくことに少しづつ慣れていく!

なんでも、普段汗をかきにくい人はコリン性蕁麻疹を発症しやすいみたいです。

なので、汗をかく体質になり、アセチルコリンの刺激に慣れれば自然とよくなるそう。

 

お風呂に長く浸かるのも効果があるみたいです。

体調が悪くならない程度に、無理せずに行ってくださいね。

 

また、年齢を重ねていくごとに症状が治まることもあるのだそう。

10代~30代くらいの方に多い蕁麻疹なので、

なんとなくいつかは治るのかも!?と希望が持てますね(笑)

温熱蕁麻疹

温熱蕁麻疹とは

温かい物に触れたり急に皮膚が温まったりした時に、

細胞が刺激されることによってヒスタミンが分泌され、

皮膚が赤くなったりかゆくなるのが温熱蕁麻疹です。

寒い時に運動した時や、

冬温かい部屋に入ったりして急激に体が温まるとなりやすいです。

 

また、温熱蕁麻疹は痙攣や脱力感を伴うことがあるみたいです。

温熱蕁麻疹の可能性がある方は、

コリン性蕁麻疹の荒療治のようなことはしない方がいいです

温熱蕁麻疹の治療法

こちらもコリン性蕁麻疹と同様、

抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を投薬します。

 

血行が悪い人や、

敏感肌・乾燥肌の人が発症しやすい傾向にあるので、

普段から体を温め、血行をよくしたり、保湿に力を入れましょう


 

こちらのボディークリームは、敏感肌やアレルギー肌にも使えて、
お値段もお手頃なのでおすすめです。

機械性蕁麻疹

機械性蕁麻疹とは

皮膚を摩擦したり、掻いたり、

物理的な刺激を与えたときに細胞が刺激され、

ヒスタミンの分泌によって起こる蕁麻疹を、機械的蕁麻疹と呼びます

例えば、走ってる最中にズボンの裾が擦れたり、

ウエストの締め付けが刺激になったりすると出ます。

腕を軽く引っ掻いてみて、

腫れたりかゆくなったりする方は機械性蕁麻疹の可能性が高いです

 

私は靴の締め付けもかゆくなるので、靴を脱ぎたい衝動に駆られます(笑)

機械性蕁麻疹の治療法

こちらも病院で抗ヒスタミン剤の投薬を行い、治していきます

 

あとは原因となるものを排除していくしか対処法はなさそうです。

ウエストを緩くしてみる、刺激になるものを外す…などなど。

すべての蕁麻疹改善のためにできること

いろんな蕁麻疹がランニングや運動を妨げているのがわかりました。

このすべての蕁麻疹の改善のためにできることがあります。

それは体質改善です。

  • バランスの良い食事
  • 十分な睡眠
  • 規則正しい生活
  • 血行を良くする
  • ストレスをためない

などなど…

 

体質を改善することによって、自律神経が整います。

自律神経が整えばかゆみがコントロールできるようになるようです。

あと保湿は大事です!

するのとしないのとでは、かゆみが全然違うように感じます。

 

周りに理解されにくい、生活に支障が出る、

そんな大変な病気ですが、一緒に乗り越えていきましょう…!

皆様のかゆみが少しでも良くなりますように…!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました