新卒社会人だった私が1年以内に退職したけど全然後悔してないよっていう話

体験談

バスに揺られる新社会人を見て、懐かしいな…と感傷に浸りながら通勤してきました。

どうも、とうふです(‘ω’)ノ

 

この時期は

新社会人の方は研修も終わり、

本格的に業務の指導に入ったり、OJTの真っ最中でしょうか。

覚えることが多くて大変だと思いますが、

頑張りすぎないことが仕事を続ける上で大切なことなので、適度に手を抜きましょう。(笑)

 

私にも新卒社会人の時期がありました。大好きな会社でした。

そんな大好きな会社を、1年も勤めずに辞めてしまった時の話をしたいと思います。

 

入社~辞めるまで

希望に満ちた気持ちで入社!

とにかく採用試験の時から会社の雰囲気やまったりした空気感が大好きでした。

研修もその期待を裏切らず、まったり(悪く言えばゆるい)感じで終わりました。

 

3日の研修を終え、自分の部署に配属になりました。

私は東京都内担当の営業の部署でした。

入ってからしばらくは、法律を覚えたり、電話番をしたり、

先輩のお仕事を見学してひたすらメモしたり…

慣れない環境で戸惑いながらも少しづつ出社することに慣れていきました。

 

イメージ通りの会社だったし、お給料も周りに比べたらかなり良くて、

とうふ
とうふ

この会社で頑張って、絶対役職に就きたい!

なんて青臭いことを考えていました(笑)

 

期待されている…そう感じ始めた夏

温かくなってきたころ、管理部のほうからわざわざ上司が来て下さり、

社内の収支管理の引継ぎをされました。

更に、通常業務に加えて、

管理職会議の資料作成も任されるようになりました。

 

期待されている…

そう思ってしまいました。

もともとすごく生真面目でストイックな性格だったので、

とうふ
とうふ

失望されたくない。期待されている以上に頑張ろう。

認めてもらおう。

なんて考えてしまったのです…。

もしも今、こんな気持ちでいる人がいたら、

絶対そんな考えはやめてください。死にます。後で。

 

この頃から家でトラブルがあったり、

彼氏(現旦那)のことで落ち込んだり、

精神的に不安定になることが増えました。

 

仕事中は頑張らなきゃ!!と気を張っているのですが、

一歩会社から出ると、プレッシャーや悩みがあふれて来て、

居場所の無さを感じ始めていました。

 

がむしゃらに頑張って1位でノルマ達成!だけど…

涼しくなってきたころ、

会社では大きなプロジェクトが動いていました。

ざっくりというと、

2人1組になって2週間で契約書を50通取ってこいというもの。

これが数期繰り返されます。

 

私とペアになった先輩はとっても優しくておっとりとした性格

一方私はストイックで認められたい一心の面倒な新卒。(笑)

全く行動をしない先輩の分の資料を作り、アポを取り、

ほとんど一人で1番最初にノルマを達成しました

通常業務を行いながらです。

 

この頃から、旦那と二人暮らしを始めました。

平日は遅くまで営業回りをし、家に帰って家事。

ノルマ達成のため、休日も出勤していました。

 

しかし、ノルマを達成したと思っても一息つく間もなく、

今度は未達成のペアの分もたっぷり私に回されました。

頑張れば頑張った分だけ、仕事量は増えていきました

 

社内での私の仕事は認められつつありました。

でも、家でも仕事でも全力だった私は、

気が付かないうちに壊れていきました。

車に轢かれたら仕事休めるのかな、と考える毎日

年末くらいから無気力で、何も楽しいと思えなくなっていました

夜はお酒を大量に飲んで眠りにつき、

朝起きると暴れてた跡だったり、自傷をした跡があることが多くなりました。

記憶は全くありませんでした。

 

通勤中も

とうふ
とうふ

今車に轢かれたら仕事も家事も休めるのかなぁ。

と考えるようになり、終いには、

とうふ
とうふ

次こそ飛び込んで楽になろう…

と思いながら電車をずっと眺めることが日課になりました。

 

今の私ならこの時点で仕事を辞めていると思います。

 

でも当時の私にはできませんでした。

「最低3年は働け」「仕事は辛くて当たり前」「新卒は辛くて当たり前」

この言葉が私の思考を停止させていました。

 

そしてお正月休み明け、私は会社の目の前でパニック発作を起こし、

次の日からベッドを出ることができなくなりました。

退職へ

退職の流れ

ベッドから出られなくなった私は、

泣きながら上司に「会社に行けないんです。」と連絡し、

そのまま退職する流れとなりました。

 

小さな会社だったので休職という選択肢はありませんでした。

本当は辞める1ヵ月前に申し出るとか、いろいろ規定はあるんでしょうが、

もう無理だと判断されたみたいです。

 

死ぬほど頑張ったのに、

あっさり「じゃあ辞める?」って聞かれたときは、

本当に悲しかったです。

 

その後、特に書類も提出することも無く、退職の手続きが知らぬ間に行われていました。

近所まで上司が来て下さり、私物を渡されました。

その時に社員証や社用携帯をお返しし、完全に退職が完了しました。

 

退職直後の気持ち

とうふ
とうふ

自分は1年も働けなかったダメ人間だ…

と落ち込み、引きこもっていました。

 

病院では重度のうつ病と診断され、これにもかなり落ち込みました。

これには今も苦しめられていますが、また別でお話ししたいと思います。

 

退職まで追い詰められた理由

  • 過度な期待をされていた
  • サボる人が得をして、頑張る人が損をする会社だった
  • 頑張りすぎるまじめな性格

この3点に尽きると思います。

でも私、会社のことは恨んでません。

とにかくいい人ばかりで本当に大好きでした。

 

新卒1年未満で退職。それでも後悔していない理由

そもそも会社勤めに向いていないことが分かったから

自分の性格が、会社勤めに合わなかった

だから辞めるべきだったんだと思います。

 

まじめでストイックな方って、営業職とか天職だと思います。

 

でも私は自分を追い詰め尽くしてしまうタイプのストイックな人間でした。

組織の中にいると、評価されたい、失望されたくない

そんな気持ちになってしまい、また自分を追い込んでしまうと思います。

なので、正社員で会社勤めはもういいかな、なんて思っています。

 

第二新卒でも再就職は難しくない

実は退職した後に、1回だけ正社員で転職しています。

第二新卒者対象の転職エージェントに登録し、

1ヶ月も経たないうちに再就職できました

結局うつ病が治らないうちに再就職したので、

すぐ辞めることになったのですが…

 

でも、転職エージェントをうまく利用すれば、再就職は可能

という安心感を得ることが出来ました。

心の保険みたいなものですかね…。

利用した転職エージェントはこちらです↓



 

派遣という働き方で力を抜いて働くことが出来るようになった

私は今、派遣社員として事務のお仕事をしています。

派遣なので、契約以上のことはやらなくていいし残業も0分です。

 

毎月派遣会社の担当の方が来て下さり、

不満があったり改善してほしいことがあれば、派遣先にすぐに言ってくれます。

完全に守られた立場で働くことができるのです

 

過度な期待はされない、必要以上に頑張る必要もない、

仕事中にブログもかける(これは私の職場が特殊なだけ(笑))

ので、力を抜いて働くことができています。

家庭との両立も苦ではなくなりました。

 

正社員の頃は派遣という働き方に偏見がありましたが、

今、頑張りすぎてしんどいって方には、

いろんな働き方があって、仕事は自分で選んで良いってこと知ってほしいです。

 

自分の幸せの軸を見つけてほしい

キャリアを形成して社会的に成功したいという方は、

それはそれで素晴らしいと思います。

少し昔の私もそうでした。

 

ですが、頑張りすぎることに疲れた今、

頑張る必要はないって気が付きました。

 

なんの為に頑張るんだろう。

なんの為にやる気を出すんだろう。

って考えた時、私は他人に認められたかったから

 

でも体壊して、心を病んで、私生活を犠牲にしてまで認められても、

結局何も幸せじゃないなぁって気が付きました。

 

「とうふは1年も持たずに辞めたって」

「大卒が派遣社員なんて大学行った意味ないじゃん」

って言われたことも多々あります。

 

でも私は今幸せなので、正直どうでもいい声だなって思います。響いてこないです。

幸せの尺度が社会的地位じゃなくて、自分らしく生きることだったってだけです

なので、そう言った言葉を言ってくる人の考え方も正しいと思います。

まさに『みんな違ってみんないい』ですね♪

 

そんな考え方が出来るようになったのも、

派遣というお仕事で心と体に余裕ができたから。

自分の時間はたっぷりあるので、将来のために資格の勉強もできるし、

趣味の映画もほとんど毎日見れてます。

 

新卒だった頃には想像もできなかった生き方です。

 

生きてるうちに考え方やライフスタイルが変わっていくように、

働き方も変わるのは普通のことだと思います。

 

 

もし今、会社が辛くて悩んでいる方がいるなら、

自分の幸せの軸が何かを考えてみてほしいです

そして自分の幸せな働き方を自分で見つけてほしいです。

他人はあなたを幸せにはしてくれませんから…。

 

そんなとうふの独り言でした(*’ω’*)

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました